はんべの政治とニュースブログ2

日々起きたこと、日記、ニュースなどについて自分なりの考えを書いたり、ゲームに関して書いています。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

【出版】大見得切っている西野廣、出版したのは自費出版が主の幻冬舎w

 
キングコング西野廣が何か勘違いしたような発言をしている。まえからあいつは自分のブログに公論と書いているが、てめえの意見が公論というのは誰が決めたのだろうか?2007年末には2ちゃんねるを批判。2ちゃんねらーを敵に回す。更に書評家の吉田豪さんを「蹴っ飛ばしたい」と書いたり、 とにかく寝ない、食べない。睡眠時間は長くても1日2時間、 食事は1日1食。全く食べない日も年に2回あるので、デビューしてからというもの、給料明細すら見たことがない。 こんなアホが今度は出版だとwwwwww どこの出版社かとおもったら幻冬舎w 金さえ積めば何処でも出版くらいはしてもらえるけど、この会社、配本は形だけか、してない可能性すらある貸しはですよ。最近は改善されたかもしれませんが、かつて出版しようと現金をこの会社に託して騙された人が いたらしいという噂を耳にしたし、 現に確かニュースでもやったことがあったと思う。 あのニュース、結末はどうなったのだろうか?本当に金を積んだ人達は出版できているのだろうか?こいつは芸人で知名度もあるからためしに出してみようとダシに使われているような気がする。 大手の取次は、商業出版社が相手にしないような素人の本を出している出版社などほとんど相手にしません。たとえ取次を通したとしても、大半が返品されてしまいます。「販売」を売りにする以上は流通させる必要があります。このために文芸社では、特定の書店と提携して専用の「棚」を確保し、売れ残った本は買い取るという方法をとっています。 この出版不況の中、まだ生き残っている幻冬舎は正直奇跡としか言いようが無い。しかもその出版費用は本当に適正なのかも大いに疑問が残ります。 もし俺が本を出すとしてもこんなとこには屈しませんね。おそらく絶対にこんなところには持ち込みませんよ。 それにこの西野に関しては一応芸能人という、知名度がある。それなのに、 ごく普通の出版社に持ち込むことはしたのだろうか?まあ、持ち込んだけど全く相手にされないので最後の砦になったのが幻冬舎となったのが真相であろうな。
スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

はんべーさん

Author:はんべーさん
FC2ブログランキング


はんべともうします。
政治、ニュースなどについて思ったことを書いています。
よろしければこちらのクリックお願いします。







カウンター

カウンター


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。