はんべの政治とニュースブログ2

日々起きたこと、日記、ニュースなどについて自分なりの考えを書いたり、ゲームに関して書いています。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

【裁判】押尾被告、既に偽証もバッチリ。奴は相当のワル。

 
押尾学被告の 第6回公判が13日、東京地裁で開かれた。裁判の最大のヤマ場となる被告人質問が初めて行われ、押尾被告は、身ぶり手ぶり大げさなジェスチャーと「日本語より得意」と自負する英語交じりで供述。MDMA使用の罪に問われた昨年11月の裁判と食い違う証言内容を検察と裁判長に追及され「ウソをついていました」とけろりと認めた。 更に、ヤク中になってしまった田中かおりに対する答弁内容だ 弁護人「人工呼吸で2回息を吹き込み、みぞおちを8回マッサージするのを1セットとして、何セットしたのですか」 被告「10セット以上はやりました」 弁護人「効果はありましたか」 被告「一瞬、田中さんが『ぐほっ』といったので、一瞬だけほっとしましたが結局はだめでした」 弁護人「生き返らなかったということですか」 被告「はい」 更に押尾君は敵を作る行為も欠かさない。 《最後に弁護人は押尾被告が当時、電話をかけた知人の元国会議員のBさんに連絡した際のことを質問した。Bさんは前回までの公判に証人として出廷した》 弁護人「Bさんからは何と言われましたか」 被告「『ばかやろう。もう一回蘇生(そせい)処置をしろ』と言われました」 弁護人「『119番通報しろ』とは言われませんでしたか」  被告「そのときは言われていません」 更に、 弁護側医師の証言のせいで押尾が致死量の3倍の薬を飲ませた事が明らかになってしまった。これをネタに検察は押尾に新しい罪も追加予定。 東京地検、押尾被告の訴因に「未必の故意による殺人」を追加。 今日の弁護側医師の証言を受けて、最初から致死量の薬物を使用させたと判断。 保護責任者遺棄致死罪での起訴はそのまま維持。いずれかの罪での処断を求める。 オワタwww
スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

はんべーさん

Author:はんべーさん
FC2ブログランキング


はんべともうします。
政治、ニュースなどについて思ったことを書いています。
よろしければこちらのクリックお願いします。







カウンター

カウンター


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。