はんべの政治とニュースブログ2

日々起きたこと、日記、ニュースなどについて自分なりの考えを書いたり、ゲームに関して書いています。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

【有名作家気取り】水島ヒロの書籍の売り方にカンカンの書店業界。俺も腹が立ったw

 
水嶋ヒロが「齋藤智」名で書いた小説「KAGEROU」(ポプラ社)が12月15日に発売されるが、 周辺が何かと騒がしい。 「今回、導入されたのは『書店責任販売制』と呼ばれるもので、返本をできるだけ少なくするのが狙い。 書店は責任を持って販売するが、万が一返本が出た場合は条件面で他の本より悪くなるのがネックです」(事情通) 出版関係者は返本がほぼなくなるため採算は十分に取れるという。 1冊1400円(税別)で、版元から取次へはその65%で卸すという。 1冊910円になり、仮に50万部としてすべて売れた場合、金額は4億5500万円。 水嶋に10%の印税(7000万円)を払っても相当の利益が見込める。 順調に売り切れば、取次も書店もかなりの利益が出る。 最近、太田光が書いた『マボロシの鳥』もすでに10万部を超えている。 水嶋のデビュー作もある程度売れると思う。 だってさwww事情通のお話には噴いたwwww 全部内幕が暴露された状況で太田光の10万部と同等の扱いを受けようと言う傲慢さには俺はあきれたね。俺は絶対買いません。 すぐブックオフ行きというのが目に見えてますwww 俺は名もない作家がこそっと出して、それがヒットする方がすごく喜ばしい出来事だと思う。こんなマスゴミを使ってヒットさせようと言う本は正直ろくな本ではないよ。みんな買ってますとか、面白いというのはマスゴミの洗脳手口。 実際自分の目で確かめて、立ち読みを推奨します。 立ち読みしていてはまりそうだったら買う価値はあるが、立ち読みの段階で萎えるような本なら買うべき本ではない。 マスゴミは勝手にブームを作り出すのが好きですので、自分の価値観で判断していただきたい。
スポンサーサイト

Comment

麻薬で騒動を起こした酒井法子が本を出すそうで…
やっぱり…(-"-;)
来年にはちゃかり芸能界に復帰しそう。なんでもあり…甘いなぁ~。

2010.11.30 | すばる[URL] | Edit

    
プロフィール

はんべーさん

Author:はんべーさん
FC2ブログランキング


はんべともうします。
政治、ニュースなどについて思ったことを書いています。
よろしければこちらのクリックお願いします。







カウンター

カウンター


検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。